Asahi Kasei

Recruitment

旭化成のDNA
~受け継がれる想い~
Our DNA

「旭化成らしさ」
内外で耳にするこの言葉の源流は。
そして、そこに息づく文化とは。
DNAを紐解くことで、その一端を垣間見る。
受け継がれてきたものは偶然か、必然か。

私たちの使命と企業理念

理念体系

旭化成のこれまで
(事業の変遷)

“いのち”と“くらし”への想いが生む、
時代のニーズに応える、挑戦と創造

旭化成は、創業から常に変化し、多角化を続けてきました。
それが、激動の環境変化を乗り越え、揺るぎない基盤を築き、 旭化成が発展することができた一つの理由です。

では、そこではどんな想いが受け継がれ、これからどんな方向に進んでいくのか。
その解となる今も旭化成に息づくDNAを、 事業の変遷とともに紐解いていきます。

事業変遷の歴史と
社会ニーズに対する事業展開の流れ

横にスクロールしてご覧ください。

野口遵という1人の実業家の理想への挑戦は、ステージを拡げて成長する旭化成グループの大きな流れを作りました。
それから一世紀にわたり、旭化成の挑戦は「衣」を整える人絹製造を手始めに多彩な繊維事業へ、
人びとの「食」を豊かにする肥料づくりを端緒に化学事業へ、安心の「住」を届けるために住宅・建材事業へ、
そして、人びとの「いのち」を救う医薬・医療事業に進出、さらには現代社会の基盤となるエレクトロニクス事業へ・・
その時代の求めに応じた進化と順応を常に続けているのです。

旭化成のこれから

旭化成は、世の中の課題へのソリューションを提供していく、5つの価値提供注力分野を設定しました。
これらの分野を中心に、社会に対して高い付加価値を提供しながら、持続可能な社会へ貢献していきます。

5つの価値提供注力分野
(中期経営計画より)

Environment & Energy

社会課題やトレンド

クリーンエネルギーの拡大
低炭素社会への移行
クリーンエネルギー
  • 電池セパレータ
  • アルカリ水電解水素製造システム(グリーン水素)
省エネ・環境改善
  • CO2センサ
  • 水処理用ろ過モジュール
  • イオン交換膜
低炭素社会
  • 次世代CO2ケミストリー
  • 新規CO2分離・回収システム

COVID-19に対する取り組み

Health Care
人工呼吸器

月産400台から1万台への拡大を推進

アフェレシス治療

救急治療において急性腎不全等の重症患者を治療する 機器・フィルター

治療薬関連

COVID-19治療への適用可能性

ウイルス除去フィルター

治療薬製造プロセスで使用されるウイルス除去フィル ター

Life Material
医療用ガウン

表面材用スパンボンド不織布

マスク

面材・ふち材用のスパンボンド不織布

消毒ワイパー

消毒ワイパー用のセルロース不織布

ソリューション
表面殺菌

UVC-LED。物の表面に付着したウィルスを殺菌(不活化)する
 

実証実験中のUVC-LED照射モジュール

詳しくはこちら

3密の可視化

CO2センサー+SKETOLN。CO2センサーで換気状況、画像処理でプライバシーを担保し混雑状況を可視化

実証実験中のカフェテリアのシーン

詳しくはこちら

DNAから生まれる「想い」

「昨日まで世界になかったものを。」という企業スローガンや
「世界の人びとの“いのち”と“くらし”に貢献します。」という企業理念は、
まさに旭化成グループの未来への指針そのものです。

私たちが守り、未来に伝えていくのは、
これまでの歴史の中で脈々と受け継がれてきた、
人類の幸福と社会の発展に貢献していく「誠実」な姿勢と、
絶えず機会を求めて「挑戦」し、
事業を「創造」していく精神です。

このDNAが、旭化成40,000人の社員の中に息づいています。
そして、一人ひとりの挑戦を結集して今までになかった旭化成が生まれ、
世界にまた、新たな価値を提供していくのです。

Next Contents

ページトップへ