WITH TEAM 支援制度紹介

WITH TEAM 支援制度紹介

新入社員研修、新管理職任命者研修などの階層別研修、また事業会社ごとに職務遂行に必要な知識と技術を修得する各種研修制度など、きめ細かい教育・研修制度があるため、確実に成長していくことができます。さらに、群類転換制度を活用して総合職へ転換することが可能です。スペシャリストとして専門を極める、技術・知識だけではなく、プロジェクト全体をマネジメントしていくプロフェッショナルになる、総合職に転換するなど、キャリアの幅は広がっています。

充実した教育・研修制度

  • 新入社員研修

    入社から約2週間、合宿形式で仲間と共に社会人としての基礎や技術者に求められる姿勢を学びます。その後は配属先での研修を経て、職場に赴任します。配属先ごとの研修では、工場実習や集合研修、職種別研修などを組み合わせ、製造現場を体感しながら「旭化成グループの技術者」としての心得を体得します。

  • 旭オペレーションアカデミー(AOA)

    教育用ミニプラント、シミュレーター等を使用し、技術技能訓練、単体機器操作訓練、プラント運転訓練などを実施。現場ではできない設備の分解組立をはじめ、理論と実習を組み合わせた教育・訓練を通じて、不測の事態にも対応できる「設備とプロセスに強い技術者」を育成します。

  • 自己研鑽支援制度

    会社が認める国家・公的資格に合格した際に、受験料・登録料の全額を会社が補助。他にも、外部教育研修機関の研修受講料や通信教育の受講料の半額(入社後5年間は75%)を補助。若手のうちから専門知識を習得し、職務遂行能力を向上させるよう制度を整えています。

  • 群類転換制度

    会社が認める国家・公的資格を取得し、面接試験をクリアすることで、「総合職」に転換できる制度です。自らの専門性を高め、キャリアを描くことを支援しています。

PAGETOP