WITH TEAM 仕事と社員インタビュー

中馬 美子

検査の運用管理、製品の生産性向上を目的とした検査効率化にあたる

高専では電子・電気について学びました。先輩は電機メーカーや情報系のシステム会社などに就職する人が多いのですが、私は電機にどっぷりとつかるよりも、少し違う仕事がしてみたいと感じていたのと、情報系(プログラムなど)が苦手だったこともあり、「化学」の会社である旭化成に興味を持ちました。会社のホームページを見たり先輩の話を聞いたりして、とても働きやすい会社だなと感じたことを覚えています。実際に入社してみると、電子・電気にかかわる事業部に配属され、毎日、電子・電気に触れる仕事をしています。現在はLSI(高密度集積回路)の生産に携わっています。旭化成エレクトロニクスでは、ビデオ用、オーディオ用、通信用、各種制御用などさまざまなLSIを製造し世界中のメーカーに提供しています。工場で量産されたLSIは、最後の検査工程で検査装置を使用し、検査プラグラムを走らせることにより電気的特性を検査し、問題のないものだけが出荷されます。私はこの検査工程を担当するエンジニア。検査の運用管理や製品の生産性向上を目的とした検査効率化などに取り組んでいます。

納期、収率改善、コスト削減、高品質、一つでも欠けることのないよう気を配る

この仕事は、常によりよい品質の製品を出荷するためにはどうすればよいかを考えながら、期限を守って作業をしていかなくてはなりません。検査処理能力を高めるため検査装置を新しいものに交換する作業をしたり、検査プログラムに自分で手を加えて検査時間を短縮したりと、仕事の内容はさまざま。新しい検査装置を導入したら検査プログラムが動作しないといったことも起きますが、難しい現象が起き、原因を突き止めて解決できたときはおもしろいですね。生産性向上のために必要なことは納期、収率改善、コスト削減、高品質だと考えます。どれか一つでも欠けると大きな問題となる。私はこれまでに自分の作業ミスや判断ミスによって問題を起こしてしまったことがありました。しかし、その都度、上司は私の失敗を責めるのではなく、その失敗を成長に変える助言を与えてくれました。これまでさまざまなテーマに取り組む環境を与えていただいた中で、一歩一歩成長し、任せてもらう仕事の幅も広がってきました。プライベートでは結婚・出産を経て育児休業を取得。復帰の際は仕事と育児の両立ができるか不安でしたが、周りが配慮してくれるお陰で何とか両立ができています。育児休業制度や短時間勤務制度など、育児しながら働く支援制度も充実しているため女性でも長く仕事を続けることができる。その点は心強いです。

周りに支えられながらやってきた。今度は自分が支えたい

今後は技術をさらに向上させ、正確で素早い判断と対応ができるようになりたいです。周りから信頼され、いると心強いと思ってもらえる存在になりたい。また、仕事と育児を両立させることも目標です。上司や先輩は、悩んでいるとすぐに相談に乗ってくれて、的確なアドバイスをくれます。職場は男性の割合が多いですが、女性も働きやすい雰囲気があると思います。しかし、周りには育児をしながら仕事をしている女性がまだまだ少ない。だから、自分がそうしてもらったように、今度は私自身が女性が仕事をしやすい環境を後輩に提供していきたい。仕事と育児を両立していく上で、女性同士しか分からない不安や悩みもあります。そうしたものを解消できるような女性のネットワークをつくる等ができたらいいですね。そうすることで仕事への意欲向上につながり、働く女性が増えればいいなと思います。

6:00
起床
朝食をとり、子供と自分の支度。
8:00
出社
本日の作業予定、メールチェック。
8:30
午前業務
10 時にラジオ体操。量産で発生した異常解析や生産状況の把握。
12:00
昼食
13:00
午後業務
午前中の作業の続き。定期的にメンバーと進捗状況の報告やプロジェクトの打合せ。
17:30
退社
18:00
子供迎え
18:30
家事・夕食・入浴・子供の世話
22:00
自分の時間
23:30
就寝
PAGETOP