勤務条件について

旭化成の福利厚生制度の概要をご案内します。詳しくは選考過程でご紹介いたします。

処遇・福利制度

給与
当社規程によります。経験や能力を勘案し、職務・職位に基づいて決定します。
参考)2017年度初任給
  • 【総合職】修士了:243,900円、大学卒:211,300円
  • 【製造基幹職】高専卒:188,450円
勤務地
詳しくは、各求人案件をご覧ください。
休日・休暇
完全週休2日制(土曜・日曜)、祝日、年末年始ほか特別休日、年次有給休暇(15日~20日/年)、慶弔休暇(父母・配偶者・兄弟姉妹の場合5日間有給)、結婚休暇(4日有給)、リフレッシュ休暇など

「リフレッシュ休暇」は、長年の勤続への記念として、勤続15年目で5日(有給)、勤続25年目で10日(有給)を付与する休暇制度です。前年度の有給休暇の平均取得日数は2015年度16.9日です。

住宅補助制度
独身寮、社宅、持ち家手当制度など

全国に独身寮や社宅を整備しており、一定の要件を満たせば個人負担が割安な形で入居が可能です。また、新規に自家を取得した際に一定の要件を満たせば、会社より手当金が支給されます。

育児支援制度
育児休業制度、育児短時間制度、キッズサポート制度、家族看護制度など

「育児休業制度」は、満3歳到達後最初の4月1日を迎えるまでの子を有し一定の要件を満たせば、取得可能な制度です。(最初の5日間有給)
「育児短時間制度」では、小学校就学までの子を有し一定の要件を満たせば、1日2時間を限度に短時間勤務が取得可能な制度です。また、「キッズサポート制度」では、小学校1年生~3年生までの子を有し一定の要件を満たせば、育児短時間制度と同様の内容が取得可能な制度です。

財産形成・共済制度
社員持株会、財形貯蓄、共済生命保険、医療障害共済、慶弔見舞共済、交通災害共済など

拠出額の一定の割合を会社が支給する「社員持株会制度」や、保険料の一部を会社が負担する「共済生命保険」、加入者の相互扶助によって加入者や家族の傷病の経済的負担を補助する「医療障害共済」など、社員とその家族が生涯に渡って豊かで安定した生活を送れるような制度があります。

各種施設利用
全国の契約保養所やリゾート施設、スポーツクラブなど
クラブ活動
各地区に野球部、サッカー部、テニス部、バスケットボール部などが活動

全国各地区で様々なクラブ・サークル活動が行われ、年に1回、全国の旭化成グループ各クラブ対抗のスポーツ大会が開催されます。 また、一定の要件を満たせば、会社から活動に対して補助金が支給されます。

教育制度

旭化成の理念である「世界の人びとの“いのち”と“くらし”への貢献」のためには、個々の人財の力の発揮・成長が欠かせません。 日頃の業務を通じての育成・指導、目標管理制度の運用を通じた成長促進に加え、様々な制度を用意し自ら挑戦し成長することを奨励しています。

自己研鑽支援制度
社員のスキルアップを支援し、さまざまなスキルを身に付けてキャリアアップすることで、職務遂行能力の向上をめざしていきます。
具体的な支援例
  • 所定の国家・公的資格に合格した際に、受験料・登録料(消費税込み)の全額を補助
  • TOEIC®の受験料(消費税込み)を年間1回全額補助。
  • MBAなど外部教育研修機関の実施するコースを受講終了した場合、受講料(消費税込み)の50%を補助。
  • 会社指定の通信教育を受講終了した場合、受講料(消費税込み)の50%を補助。
  • 英語・中国語・日本語を学習するために語学学校へ通う場合、受講料(消費税込み)の50%を補助。
公募人事制度
社員自ら募集のある部署へ応募し異動する制度。事業会社や部署、職種を超えて新しい領域へ挑戦することで、キャリアアップにつながります。
高度専門職制度
高度な専門性を有する社員のなかで技術・実績・意欲等の要件に達した社員に対して、現状より高い処遇を付与し、一時金を支給します。
海外留学制度
留学候補先を個人で探して応募する海外留学、上司推薦による海外「指名」留学などのコースがあります。期間は原則1年間で、学費、生活費等について一定の金額まで会社が負担します。