高機能ポリマー事業本部 機能樹脂事業部 自動車材料営業部

営業系職種

高機能ポリマー事業本部 機能樹脂事業部 自動車材料営業部長

旭化成は多くの海外拠点、多種多様な事業と商品群があります。ぜひ自分の力を発揮し達成感を味わってください。

高機能ポリマー事業本部 機能樹脂事業部 自動車材料営業部長

自動車材料営業部は3エンプラ(レオナ、ザイロン、テナック)を取り扱う用途軸の組織です。私たちのミッションは、日系自動車グローバル年初予算の達成、中期経営計画に掲げた自動車開発テーマの推進、各素材の日本発信の新たな用途の発掘とマーケティングの実行、人材育成、収益拡大のためのコストダウンの実行です。

将来、拡大成長が見込める自動車産業の環境対応や安全対応のために、旭化成のエンプラによる部品の一体化や軽量化を提案し貢献していきたいと考えています。また、アジアを中心とする各エリアでのシェアアップにより、サプライヤーとして存在感を高め、海外の各拠点が独立し、開発機能を有するグローバルサプライヤーへと進化させたいと思っています。

長期にわたる自動車の仕事は、「駅伝」のようなものです。

自動車材料営業部は名古屋と東京の2つの拠点があります。両拠点共に、若手から大ベテランまで年齢構成は広いですが、コミュニケーションの取りやすい、明るい雰囲気の職場だと感じています。チーム内では上司が部下に指示を出すのではなく、部下が自分で考え、足りない部分や困った所を上司がサポートしています。

エンプラの仕事は営業と技術の相互のコミュニケーションが重要です。その一体感が旭化成の強みになっていると思います。さらにこの仕事は一人でやるものではなく、社内外の関係する多数の人たちと連携して進めるものです。それを成功させる為にはみんなの頑張る気持ちや協力する意思が必要です。

特に自動車の仕事は長い時間を要します。モデルチェンジのサイクルは4年間で、今自分がやっている仕事は実績化するまで2~4年を要します。個人の役割は言わば「駅伝」で、チームの為に自分の区間をしっかり走り次の人へたすきを渡すようなものです。仕事が上手くいった時は、その仕事に携わった多くの人たちで喜びを分かち合えます。社内外に関係者が多いということは、沢山の仕事のやり方があるということです。大変ですが、やりがいがありますね。

高機能ポリマー事業本部 機能樹脂事業部 自動車材料営業部長

旭化成の強みである豊富な知識・経験をもち、幅広く対応できる営業力を引き継いでください。

当社の強みは3つあります。1つ目は細やかな顧客対応、2つ目は経験豊富な営業と技術担当がいること、そして3つ目は営業と技術の一体運営です。

競合他社、特に欧米企業の営業と技術は、完全に役割が分かれており、営業は技術に関する知識や経験が乏しく、技術任せとなっています。それに対して、旭化成の営業は技術に関する知識や経験が豊富で、他社よりも営業担当として顧客に対応出来る範囲が広いです。これは旭化成の会社としての特徴だと思います。

若手のみなさんにはこの点を引き継ぐために、しっかり努力してほしいと願っています。また、グローバリゼーション促進のため、各海外拠点の現地採用社員の多様性や個性を理解し、リード出来る視野、知見の広さを持った人、加えてリーダーシップ力のある人財が必要です。「リーダーシップ力」とは、その人の為に皆が頑張ろう!と思わせる能力です。旭化成には多くの海外拠点、多種多様な事業と商品群があります。ぜひとも当社で自分の力を発揮し達成感を味わってください。グローバルな仕事をしたい方はぜひジョインしてください。一緒に頑張りましょう!

高機能ポリマー事業本部 機能樹脂事業部 自動車材料営業部長
高機能ポリマー事業本部 機能樹脂事業部 自動車材料営業部

風通しが良く自分自身のカラーを出しやすい社風なので、思い切って飛び込んでください。一緒に働ける日を楽しみにしています。

高機能ポリマー事業本部 機能樹脂事業部 自動車材料営業部

2012年1月に旭化成ファーマへ医薬情報担当者(MR)として入社し、基幹病院や開業医を中心に主力製材であるテリボン、リコモジュリンを中心に拡販を実施しました。その後、2012年12月に機能樹脂事業部に転籍し、電器メーカーやプリンターメーカーへテナックを販売、2016年4月に自動車材料営業部へ異動しました。

現在は、自動車メーカーや自動車部品メーカーに対して、レオナ、ザイロン、及びテナックの3樹脂の販売営業を担当しています。私たちの仕事は、一営業員として決まったパターンで顧客に既存商品を売り込むことだけではなく、市場の変化や顧客のニーズを的確にとらえ、技術部や技術開発部、海外販社、製造、物流、企画など社内関係部署と多くの議論を交わし、ベストな対応をすることです。場合によっては新しい製品・グレードを開発することもあります。

もちろんその過程は大変なことも多いのですが、その分採用された際は、何事にも代えがたいやりがいを感じます。

築き上げてきた人脈、誠実な対応が旭化成の強みです。

私が感じる旭化成の強みは2つあります。

1つ目は、先輩方が築き上げてきた会社対会社の関係と人脈です。顧客に提案する際には、「いかにキーマンに対して的確な提案ができるか」が非常に重要になりますが、今まで培ってきた関係を繋ぎ合わせることで、キーマンと接触できる取引先が国内外を問わず多いと思います。

2つ目は、常に誠実な顧客対応をしていることです。営業活動の中で、多くのお客様から「旭化成の担当者はいつも誠実に対応してくれる」との声をいただきます。誠実な対応とは、営業担当だけではできず、他部署との協力が必要不可欠です。ここにも風通しが良い会社の強みが出ていると思います。

高機能ポリマー事業本部 機能樹脂事業部 自動車材料営業部

新しい自動車ビジネス市場で旭化成の樹脂が存在感を出せるよう、チームを推進できる人材になりたい。

旭化成は「自動車ビジネス」を大きな柱の1つにすると、明確な方針を打ち出しています。2016年度にはオートモーティブ推進室が新しく発足し、2017年度にはコンセプトカーも作りました。自動車領域は、従来のガソリン車に加え、EV車や自動運転技術に付随する技術や市場が急成長すると予想されています。その中で、旭化成は競合他社に先んじて、より大きな存在感を出さなくてはなりません。

樹脂ビジネスにおいても、各個人に加え、チームとして将来の市場を見据えたマーケティング力を成長させる必要があります。そのためには、機能樹脂事業部だけでなく、海外を含めた旭化成グループ全社や顧客の先行開発部隊と積極的に情報交換の場を持ち、実現へのマイルストーンを描くことが重要です。私自身がチームの先頭に立ち、上司や部下を引っ張っていく推進力を付けたいと思っています。

高機能ポリマー事業本部 機能樹脂事業部 自動車材料営業部

楽しく、厳しく仕事ができる環境です。

私は、旭化成グループの2つの事業部を経験しましたが、共通して言えることは「楽しく、厳しく仕事ができる環境」だということです。また、旭化成グループ全体が「上司・先輩がしっかりと後輩を教育してくれる会社」であると感じています。30歳で未経験の樹脂ビジネスに携わることになり、当初は前職との慣習の違いに戸惑うことも多くありましたが、当時の先輩社員が懇切丁寧に教育してくれたため、焦ることなくしっかりと基本を身に付けることができました。

現営業部で経験を重ね、様々な顧客を担当することで視野と知識を広め、多くの自動車メーカーや部品メーカーとのパイプを構築し、チームの核として動ける人材になりたいと思います。

インタビュー 一覧

キャリア採用のエントリーはこちら

営業・IT・企画・研究職の
求人案件
プラント技術・製造職の
求人案件

キャリアエントリー