AsahiKASEI

Recruitment 2018

福利厚生制度 Welfare Program

ワークライフ・バランスの推進について

旭化成グループでは、ワーク・ライフ・バランスの観点から社員一人ひとりが現在の働き方を見直し、今以上に仕事の生産性を高め、よりメリハリのある働き方を実現することを目指して、育児休業制度や育児短時間制度の拡充、年次有給休暇や育児休業の取得促進など、さまざまな取組みを進めています。

2007年6月にはこの取り組みが評価され、厚生労働省より次世代育成支援に積極的な企業として次世代認定マーク「くるみん」を取得したほか、2008年11月には、旭化成グループの男性の育児休業取得促進などが評価され、(財)日本生産性本部の「次世代のための民間運動~ワーク・ワイフ・バランス推進会議~」が主催する「第2回ワーク・ライフ・バランス大賞」にて優秀賞(組織活動部門)を受賞しました。

福利厚生各種制度の概要

休日・休暇

完全週休2日制(土曜・日曜)、祝日、年末年始ほか特別休日、年次有給休暇(15日~20日/年)、慶弔休暇(父母・配偶者・兄弟姉妹の場合5日間有給)、結婚休暇(4日有給)、リフレッシュ休暇など

「リフレッシュ休暇」は、長年の勤続への記念として、勤続15年目で5日(有給)、勤続25年目で10日(有給)を付与する休暇制度です。

前年度の有給休暇の平均取得日数は2014年度14.7日です。

住宅補助制度

独身寮、社宅、持ち家手当制度など

全国に独身寮や社宅を整備しており、一定の要件を満たせば個人負担が割安な形で入居が可能です。また、新規に自家を取得した際に一定の要件を満たせば、会社より手当金が支給されます。

育児支援制度

育児休業制度、育児短時間制度、キッズサポート制度、家族看護制度など

「育児休業制度」は、満3歳到達後最初の4月1日を迎えるまでの子を有し一定の要件を満たせば、取得可能な制度です。(最初の5日間有給)

「育児短時間制度」では、小学校就学までの子を有し一定の要件を満たせば、1日2時間を限度に短時間勤務が取得可能な制度です。

また、「キッズサポート制度」では、小学校1年生~3年生までの子を有し一定の要件を満たせば、育児短時間制度と同様の内容が取得可能な制度です。

財産形成・共済制度

社員持株会、財形貯蓄、共済生命保険、医療障害共済、慶弔見舞共済、交通災害共済など

拠出額の一定の割合を会社が支給する「社員持株会制度」や、保険料の一部を会社が負担する「共済生命保険」、加入者の相互扶助によって加入者や家族の傷病の経済的負担を補助する「医療障害共済」など、社員とその家族が生涯に渡って豊かで安定した生活を送れるような制度があります。

各種施設利用

全国の契約保養所やリゾート施設、スポーツクラブなど

クラブ活動

各地区に野球部、サッカー部、テニス部、バスケットボール部などが活動

全国各地区で様々なクラブ・サークル活動が行われ、年に1回、全国の旭化成グループ各クラブ対抗のスポーツ大会が開催されます。

また、一定の要件を満たせば、会社から活動に対して補助金が支給されます。

ページトップへ